特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

男子1万m決勝 相沢晃が17位「まだまだ世界との差が大きい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子1万メートル決勝を走る相沢晃=国立競技場で2021年7月30日、久保玲撮影
男子1万メートル決勝を走る相沢晃=国立競技場で2021年7月30日、久保玲撮影

 東京オリンピックは第8日の30日、東京・国立競技場で陸上競技がスタートし、最初の決勝種目となった男子1万メートル決勝で相沢晃(旭化成)は28分18秒37で17位だった。

 トップの選手がフィニッシュして30秒あまり。後半に集団から遅れ、初めての五輪のレースを終えた相沢は「まだまだ世界との差が大きいと実感した」と振り返った。

 福島県須賀川市出身。同郷には1964年東京五輪男子マラソンで銅メダル、1万メートルでも6位に入った伝説のランナー、円谷幸吉さんがいた。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1268文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集