連載

’21茨城知事選

 5日投開票の知事選では、現職の大井川和彦氏が、新人候補に約49万票の大差をつけて再選を決めた。総選挙が近づく中で、各党は何を狙い、どう動いたのか。知事選を振り返りました。

連載一覧

’21茨城知事選

茨大名誉教授・田中氏が出馬表明 13年以来2度目 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
知事選への出馬を表明した田中重博氏=茨城県庁で、2021年7月30日、韮澤琴音撮影
知事選への出馬を表明した田中重博氏=茨城県庁で、2021年7月30日、韮澤琴音撮影

 任期満了に伴う知事選(8月19日告示、9月5日投開票)で、政治団体「いのち輝くいばらきの会」は30日、県庁で記者会見し、茨城大名誉教授で新人の田中重博氏(74)を擁立すると発表した。知事選への立候補者は現職の大井川和彦氏(57)に続き2人目。【韮澤琴音】

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文485文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集