プロ野球 栗山選手、2000安打へカウントアップ 西武所沢駅にボード、1本打てば模型電車が進行 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1安打打つごとに1駅進む「カウントアップボード」=所沢駅で2021年7月19日、清藤天撮影
1安打打つごとに1駅進む「カウントアップボード」=所沢駅で2021年7月19日、清藤天撮影

 プロ野球・埼玉西武ライオンズの栗山巧選手(37)の通算2000安打達成が間近になる中、模型の西武線電車が1本打つごとに1駅進む「カウントアップボード」が、所沢市の所沢駅改札内に設けられた。

 同駅員らが手作りし、「2000安打に向けて『出発進行!』」と表示。模型電車が池袋駅(1981本)からスタート…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集