雷鳥サブレはいかが? 売り上げの一部、繁殖研究に 富山市ファミリーパーク /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニホンライチョウをかたどった「雷鳥サブレ」=富山市ファミリーパークで、青山郁子撮影
ニホンライチョウをかたどった「雷鳥サブレ」=富山市ファミリーパークで、青山郁子撮影

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種、ニホンライチョウを飼育中の富山市ファミリーパーク(同市古沢)は、ハトならぬライチョウをかたどった「雷鳥サブレ」を、パーク内限定で22日から販売している。売り上げの一部をライチョウの繁殖技術確立に向けた基礎研究などに充てる。7月にふ化した6羽のひなは順調に成長しているといい、企画した同パークの高橋麻里子さんは「ライチョウのことを思いながら…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集