連載

大分方言あれこれ

時代は変わっても、変わらず温かいのが古里の言葉。方言は地域の大切な文化。九州でも独特と言われる大分の言葉をご紹介します。

連載一覧

大分方言あれこれ

さっかりだき(句) 元は「先から先に」 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

さっかりだき(句) 次から次に

 「さっかりだき、せなならんこといでけち、てはつかん」(次から次にしなければならないことができて、手がつけられない)などと使う。「かり」は「から」で、「さっからだき」という人もいる。

 元は「先から先に」で、本来なら「さっかりざき」だろうし、実際にそう耳にすることもある。二つ目の「…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集