「海のエコラベル」を取得 南郷漁協など資源管理に配慮 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮崎市内のスーパーマーケットに並ぶ海のエコラベルを取得した鮮魚
宮崎市内のスーパーマーケットに並ぶ海のエコラベルを取得した鮮魚

 一本釣り漁を手掛ける南郷漁協(日南市)と高知かつお漁協(高知市)が6月、資源管理に配慮した水産物にお墨付きを与える「海のエコラベル」を共同で取得した。乱獲による水産資源の減少が世界的に問題となる中、産地で連携して取り組みをアピールし、市場での価値を高める狙いだ。

 両漁協はカツオとビンチョウマグロの一本釣りが専門。網漁業と比べ、一本釣りは狙う魚種が絞られ混獲がない。魚に傷が付きにく…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集