特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」安倍氏の不起訴不当 公選法違反容疑 前夜祭補塡再捜査へ 検審

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、政治資金規正法違反(不記載など)と公職選挙法(寄付の禁止)違反容疑で告発され不起訴処分(容疑不十分)となった安倍前首相について、東京第1検察審査会は30日、「公選法の不起訴は不当」とする議決を公表した。議決は「首相だった者が『秘書がやったこと』と関知しない姿勢は国民感情として納得できない」と批判した。

 議決は15日付。東京地検特捜部が再捜査し、原則3カ月以内に起訴、不起訴を改めて判断する。再び不起訴と判断されれば捜査は終結し、安倍前首相の刑事責任が問われることはない。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文824文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集