特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

フェンシング 男子エペ団体 初の金 女子78キロ超級、柔道・素根も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェンシング男子エペ団体決勝で優勝を決めて喜ぶ日本の選手たち=幕張メッセBホールで2021年7月30日、宮間俊樹撮影
フェンシング男子エペ団体決勝で優勝を決めて喜ぶ日本の選手たち=幕張メッセBホールで2021年7月30日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック第8日の30日、フェンシングの男子エペ団体決勝で日本はロシア・オリンピック委員会(ROC)を破り、フェンシングで日本勢初の金メダルを獲得した。山田優(27)=自衛隊、宇山賢(29)=三菱電機、加納虹輝(23)=JAL、見延和靖(34)=ネクサス=の日本は山田、宇山、加納で決勝に臨んだ。今大会の日本の金メダルは計17個となり、1964年東京と2004年アテネの16個を上回り最多となった。

 柔道は女子78キロ超級で初出場の素根輝(あきら)(21)=パーク24=が金メダルを獲得。男子100キロ超級では前回銀メダルの原沢久喜(29)=百五銀行=が準決勝、3位決定戦で敗れ、メダルを逃した。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文534文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集