中国海警船、北太平洋へ 日本周辺通過か、活動拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パトロールのため、中国・上海を出発する中国海警局の艦船=2021年7月30日、新華社・共同
パトロールのため、中国・上海を出発する中国海警局の艦船=2021年7月30日、新華社・共同

 新華社電によると、中国海警局の艦船2隻が7月30日、上海を出発した。海警局に武器使用を認めた海警法の施行後初めて、北太平洋の公海でパトロールを行うとしている。日本の周辺を通る可能性があり、領海に侵入すれば緊張が高まりそうだ。海警局の活動を拡大させる一環とみられる。

 31日間にわたり違法操業など漁業関連の取り締まりを行う。新華社は「責任ある大国としての姿を示し、世界の海洋管理に参画して海洋資源保護に重要な…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集