トランプ氏「選挙が不正だと言え」大統領時代に司法省幹部に圧力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トランプ前米大統領
トランプ前米大統領

 米下院監視・政府改革委員会のマロニー委員長は30日、トランプ前大統領が在任中の2020年12月に当時の司法省幹部と電話で話した内容を記録したメモを公表した。メモには、トランプ氏が「(20年11月の大統領)選挙は不正だったと言うだけで良い。あとは私と共和党議員たちに任せろ」とローゼン司法長官代行(当時)に圧力をかけたとの記載があった。

 公表されたのはドノヒュー司法副長官代行(当時)が手書きした20年12月27日付と29日付の計9枚のメモで、司法省が同委員会に提出していた。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集