送迎バス5歳児死亡 事故後初めての保護者会 園長が謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事件後初めて開かれた双葉保育園の保護者会で涙をぬぐう参加者=福岡県中間市で2021年7月31日午後6時20分、浅野翔太郎撮影
事件後初めて開かれた双葉保育園の保護者会で涙をぬぐう参加者=福岡県中間市で2021年7月31日午後6時20分、浅野翔太郎撮影

 福岡県中間市にある認可保育園の私立双葉保育園で送迎バス内にいた園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)=同市=が熱中症で死亡した事件で、園は31日午後6時から事件後初の保護者会を開いた。予定の1時間を大幅に超える2時間後の午後8時過ぎに終了。園長は「いつもできていたことができなかった」などと謝罪する一方で園長職にとどまると説明。保護者からは「納得で…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集