特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪関係者の「バブル」 機能しているのか プレセン訪ねてみた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京ビッグサイトに設けられたメインプレスセンター(MPC)。国内外の報道機関が取材拠点を置いている=江東区有明で2021年7月29日、菅野蘭撮影
東京ビッグサイトに設けられたメインプレスセンター(MPC)。国内外の報道機関が取材拠点を置いている=江東区有明で2021年7月29日、菅野蘭撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で開催されている東京オリンピック。入国する選手や五輪関係者を外部と遮断する「バブル方式」で水際対策をする計画だ。しかし、実際には機能していないと指摘する声が多く、対策も二転三転している。海外メディアの拠点になっているメディアプレスセンター(MPC)=東京都江東区=付近を取材した。【菅野蘭/デジタル報道センター】

厳しい制限を決めているが

 まずはバブル方式のルールをおさらいしたい。新型コロナの感染対策や行動管理を定めた指針「プレーブック(規則集)」によると、スタッフや海外メディアなどの大会関係者は来日から14日間、以下の方法で隔離される。

 行動については、大会に不可欠な場所に限って行くことを認め、不要な場所で散歩をしたり、観光地やレストラン、バーなどに行ったりすることを禁止している。

 食事も、大会会場の食事施設や宿泊先のホテルのレストランを利用するか、ルームサービスやデリバリーの利用に限っている。これらがいずれも利用できない場合だけ、監視スタッフが同行するか、もしくは大会組織委員会に指定されたスマホアプリのGPSをオンにして、公共交通機関を使わずに行けるコンビニや持ち帰り用の店で、食事を購入することを認めている。

 一方で組織委は、15分以内なら監視スタッフがいなくても単独での外出を認める「15分ルール」を独自に設けていた。だがSNS(ネット交流サービス)などで「バブル方式が機能しなくなる」と批判され、15分ルールは開会前日の22日に撤回に追い込まれた。

テラスで飲食楽しむ、プレーブックに違反?

 では、実際の運用はどうなっているのだろうか。記者が開会式2日前の21日、MPC周辺を歩いてみた。東京五輪の競技が始まった日だ。

 すっかり日が暮れると、MPCの近くにあるショッピングモールのテラスのテーブルで、どこかの飲食店から持ち帰った夕食を取り始めた外国人の男性2人組を見つけた。その後、ホテルを出て向かってくる男性らも合流し、最終的には7人ほどでテーブルを囲み、食事をしながら談笑していた。

 まずは日本語で「すみません」と話しかけてみた。「間違っていたら申し訳ないが、五輪で来日した人ですか」と前置きしつつ、日本のメディアであること、今回のバブル方式についてどう思うか聞かせてほしい、と英語で伝えてみると、全員が顔を見合わせ、黙ってしまった。

 少しの間を置いて、年長者の男性…

この記事は有料記事です。

残り2406文字(全文3419文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集