特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

侍ジャパン 山田哲人は折り紙付きの勝負強さ チーム1号でけん引

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影
【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影

 東京オリンピックの野球は31日、横浜市の横浜スタジアムで行われ、日本はメキシコを7―4で降して2連勝とし、1次リーグを1位で通過した。2日午後7時から決勝トーナメントの初戦に臨む。

 日本のリードオフマンが乗ってきた。初戦に続いて「1番・指名打者」に入った山田哲人(ヤクルト)が今大会チーム1号本塁打を含む2安打4打点。「体の切れもすごくいいし、バットも振れている」。2盗塁と持ち味の足も生かして攻撃をけん引している。

 1点リードの四回1死一、三塁。2球目の高めの速球に反応した。「コンパクトに振りに行ったが、たまたま角度がついてくれた」という一打は、左翼席最前列に飛び込む3ランに。チームを勢いづける価値ある一発に、右拳を掲げた。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文662文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集