特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

サッカー日本4強に導いた堅守 吉田麻也「メダルはOAの使命」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ニュージーランド】PK戦でニュージーランド2人目のキッカー、リベラト・カカーチェのキックを止めるGK谷晃生=カシマスタジアムで2021年7月31日、宮武祐希撮影
【日本-ニュージーランド】PK戦でニュージーランド2人目のキッカー、リベラト・カカーチェのキックを止めるGK谷晃生=カシマスタジアムで2021年7月31日、宮武祐希撮影

 東京オリンピックは第9日の31日、サッカー男子の準々決勝で日本はニュージーランドと対戦し、延長を終えて0―0からのPK戦を4―2で制し、2012年ロンドン五輪以来の準決勝進出を決めた。

 徐々にニュージーランドのペースに引きずり込まれていくような展開だったが、1次リーグからの躍進を支えてきた日本の堅守は最後まで崩れなかった。

 相手の狙いはシンプルで、長身の前線の選手へとロングボールを放り込むことを攻撃のスイッチとするものだった。攻守ともに素早い日本をスローペースに巻き込み、単調な攻撃ながら、あわよくば日本側の緩慢な守備を誘発しようというものだったが、日本の守備陣は集中を切らさなかった。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文877文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集