特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪BMXで「100点満点中1点」の珍記録 米国選手、体力温存か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左肩にテーピングを施した姿を投稿したニック・ブルース=インスタグラムから
左肩にテーピングを施した姿を投稿したニック・ブルース=インスタグラムから

 東京オリンピック第9日の31日に行われた自転車BMXフリースタイル・パークで、「100点満点中1点」という記録が出た。この日行われたシーディングランは8月1日の決勝の出走順を決めるためのもので、ニック・ブルース(米国)が記録した。

 BMXフリースタイル・パークは、東京五輪で初採用された都市型スポーツで、ジャンプ台などが設置されたコースを走る速さや飛ぶ高さ、技の難易度などを競う。

 今大会は9人が出場。この日は、ブルース以外の8選手が斜面の感覚を確かめるように次々と技を繰り出す中、ブルースは与えられた1分間をほとんど使わず、だらだらと走るだけでパフォーマンスを終えた。1回目の得点は6・60、2回目は1・00だった。2回の平均は3・80で最下位となり、決勝は1番目に走ることになった。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文541文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集