特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

新体操ブルガリア代表 笑顔で帰国できる演技を 村山で事前合宿 意気込み、感謝語る /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じる新体操ブルガリア代表のシモナ・デャンコバ選手(右)=山形県村山市で2021年7月31日、山下俊輔撮影
取材に応じる新体操ブルガリア代表のシモナ・デャンコバ選手(右)=山形県村山市で2021年7月31日、山下俊輔撮影

 東京オリンピックの事前合宿で村山市に滞在している新体操のブルガリア代表チームが7月31日、市民体育館で合宿最後の練習に臨んだ。取材に応じた選手らは五輪への意気込みと同市への感謝の思いを語った。チームは1日、東京都内の選手村に向かう。

 この日、選手たちは個人と団体に分かれ、ボールやフープを使い、演技の動作を一つ一つ確認した。

 団体チームキャプテンのシモナ・デャンコバ選手(26)は「充実した合宿になった。笑顔で帰国できる演技をしたい」と意気込みを見せた。一方、新型コロナウイルスの影響で市民と交流できなかったことについて「直接会えないのは残念だが、応援してもらっているのを感じる」と話した。また、開催が不透明だった時期に同市からビデオレターなどが届いたことに触れ、「とても心強かった」と感謝した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文487文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集