「カフェで科学」100回目 サイエンスらいおん 宇都宮 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
過去100回の企画を振り返る参加者たち=宇都宮市大谷町のOHYA BASEで2021年7月31日、竹田直人撮影
過去100回の企画を振り返る参加者たち=宇都宮市大谷町のOHYA BASEで2021年7月31日、竹田直人撮影

 コーヒーなどを楽しみながら気軽に科学について語り合う「サイエンスらいおんカフェ」が7月31日、100回目を迎えた。宇都宮市大谷町のカフェ「OHYA BASE」で開かれた節目の会で、過去8年半の歴史を振り返った。

 2013年1月に始まったらいおんカフェは、帝京大を中心とした産学官の科学技術交流ネットワーク「とちぎサイエンスらいおん」が、毎月1回、県内外の科学者を招いて開催。テーマはさまざまで、工学や農学の専門家による最新研究のほか、県産業技術セン…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

ニュース特集