特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

ボクシング女子 メダルへ、きょう「因縁」の対戦 花咲徳栄高出身・並木選手 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
並木月海選手に贈った特製マスクを手にする木庭浩介監督=埼玉県加須市の花咲徳栄高校で2021年7月28日、隈元浩彦撮影
並木月海選手に贈った特製マスクを手にする木庭浩介監督=埼玉県加須市の花咲徳栄高校で2021年7月28日、隈元浩彦撮影

同校「道場」で事前キャンプ、コロンビア選手と

 東京オリンピック第10日の1日、ボクシング女子フライ級で、花咲徳栄高出身の並木月海(つきみ)選手(22)=自衛隊=がメダル獲得をかけて準々決勝に臨む。対戦相手はコロンビア代表で、リオデジャネイロ大会銅メダリストのイングリット・バレンシア選手(32)。実は、つい先ごろまで、並木選手が五輪への夢を紡いだ同校で事前調整に励んでいた。並木選手の恩師は、対戦カードに感慨深げだ。【隈元浩彦】

 加須市花崎の花咲徳栄高。校内の奥まったところにボクシング道場がある。二つのリングの周りには15本のサンドバッグ。1984年の創部から38年目を迎え、プロボクシング元世界王者の内山高志さん(41)をはじめとする名ボクサーが巣立った。並木選手もその一人だ。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1321文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集