新型コロナ オゾン発生空気清浄ロボを導入 宗像市 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宗像市が新型コロナウイルス感染症対策で導入した自走式オゾン発生空気清浄ロボット
宗像市が新型コロナウイルス感染症対策で導入した自走式オゾン発生空気清浄ロボット

 宗像市は、新型コロナウイルス感染症対策で、市庁舎と浄楽苑宗像斎場に自走型のオゾン発生空気清浄ロボットを導入した。市によると、同機器の公共施設への導入は全国初という。

 導入したのは、物流倉庫や医療施設などに自律搬送ロボットを提供する匠(本社・福岡市、後藤元晴社長)が開発した「タクミクリン」。同社によると…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集