「奇跡のコンサート」実現 佐渡裕さんと育徳館中高生が共演 聴衆700人が歓喜の拍手 行橋 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聴衆のアンコールに応える佐渡さんと育徳館中・高オーケストラ
聴衆のアンコールに応える佐渡さんと育徳館中・高オーケストラ

 指揮者の佐渡裕(ゆたか)さんと県立育徳館中・高校(みやこ町豊津)管弦楽部が共演する「奇跡のコンサート」が31日、行橋市今井の市民体育館であった。約700人の聴衆は世界のマエストロと中高生の夢の共演に聴き入り、会場には歓喜の拍手が降り注いだ。【松本昌樹】

 同校管弦楽部は2011年創部。以前は管楽器中心の吹奏楽部だったが、04年に中高一貫校となったことから、「6年間継続して練習に取り組めるメリットを生かそう」と管弦楽に転換した。佐渡さんとの出会いは18年5月。行橋市のギャラリーのイベントに出演した佐渡さん…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集