ボートレース若松 来場者増へ施設を改修 巣ごもり需要、販売額好調 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ボートレース若松(若松区)を運営する北九州市は、築25年を過ぎた西スタンド棟の改修と、芝生広場など地域開放するエリアを新設する方針を明らかにした。7月7日の市議会常任委で報告した。

 市によると、若松は舟券の2020年度の販売額が、前年度の768億円を約3割上回り、初めて1000億円を超えた。購入経路はインターネットを含む電…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集