回転ずしレーン「機械遺産」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本機械学会は、歴史的意義がある機械技術が対象の今年の「機械遺産」に、回転ずしの装置、シャリを自動で握るすしロボット、ピッチングマシンなど9件を選んだと発表した。

 学会によると、回転ずしのシステムは元禄産業(大阪府)創業者が開発し1958年、府内に開業した「廻(まわ)る元禄寿司」1号店に導入し、広…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

あわせて読みたい

注目の特集