特養食費、引き上げ 今月から 一定の収入で負担増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 介護保険制度の見直しで、特別養護老人ホーム(特養)などを利用する際にかかる食費の自己負担限度額が、8月から引き上げられる。介護費用の膨張を抑えるのが狙いで、一定以上の収入がある人は負担が増すことになる。

 介護保険施設での食費と居住費(室料)は原則自己負担となる。

 ただし、住民税非課税世帯のうち預貯金や有価証券など資産が一定以下の場合、かかった費用に対する補助(補足給付)が受けられる。

 見直されるのは、食費の自己負担分の上限額。特養など施設入所者の場合、年金収入などが120万円を超える人の負担上限額が引き上げられ、現在の日額650円から1360円となる。ショートステイ(短期入所)は年収ごとに引き上げ額が異なるが、全員が対象。390円または650円だったのが、年収に応じて600円、1000円、1300円となる。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文633文字)

あわせて読みたい

ニュース特集