特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

BMX中村輪夢 部品の名を持つ申し子 悔しさより伝えたい楽しさ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自転車男子BMXフリースタイル・パークで5位となった中村輪夢選手の決勝2本目の演技=有明アーバンスポーツパークで2021年8月1日、宮間俊樹撮影
自転車男子BMXフリースタイル・パークで5位となった中村輪夢選手の決勝2本目の演技=有明アーバンスポーツパークで2021年8月1日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックからの新種目、自転車BMXフリースタイル・パークは1日に男子決勝が行われ、中村輪夢(りむ)選手(19)は5位となり、メダルを逃した。自転車の部品が名前の由来というBMXの申し子は、「力を出し切れず悔しいけど、走っている時は楽しかった」と振り返った。

 この競技はフィギュアスケートのような採点方式で、ライダーたちはジャンプ台から飛び出し、宙返りしたり自転車を回転させたりして点数を競う。中村選手の武器は高さ4メートルにも達するジャンプで、世界屈指のレベルだ。

 決勝の1本目では着地で足をつくミスをした。2本目は、同じ京都出身のラッパーが書き下ろしてくれたラップ音楽に合わせて臨んだが、用意していた大技を出し切れなかった。圧巻の演技を見せた海外勢に力及ばなかったものの、コーチら競技関係者の歓声と拍手に笑顔で応えた。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1282文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集