荒磯部屋が部屋開き 元横綱・稀勢の里が師匠 来夏までは筑波大に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
荒磯親方(後列右)と力士たち=日本相撲協会提供
荒磯親方(後列右)と力士たち=日本相撲協会提供

 大相撲の荒磯親方(元横綱・稀勢の里)が師匠を務める荒磯部屋の部屋開きが1日、茨城県つくば市の筑波大で行われた。茨城県阿見町に部屋が完成する来年夏まで、同大の施設を利用する。田子ノ浦部屋の力士4人らと独立した荒磯親方は稽古場(けいこば)で早速、約2時間半の稽古を行った。

 オンラインで取材に応じた荒磯親方は「い…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文302文字)

あわせて読みたい

ニュース特集