特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

新採用のBMX、日本勢メダルならず パリ五輪へ中学生の育成強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子5位となった中村輪夢の決勝2回目の演技=有明アーバンスポーツパークで2021年8月1日、宮間俊樹撮影
男子5位となった中村輪夢の決勝2回目の演技=有明アーバンスポーツパークで2021年8月1日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック第10日は1日、有明アーバンスポーツパークで新種目のBMXフリースタイル・パーク決勝があり、男子の中村輪夢(ウイングアーク1st)は85・10点で5位で、メダル獲得はならなかった。女子の大池水杜(ビザビ)も75・40点の7位にとどまり、男女で表彰台を逃した。

 本番まで約10カ月のところで左かかとを骨折する大けがを乗り越えて初の五輪の舞台に立った中村だが、メダルには届かなかった。誰にも見せたことがない新技を組み入れて高得点を狙いにいったが、90点台を連発するライバルを上回ることはできなかった。「自分の力が出せなかったことが一番悔しい」と渋い表情を見せた。

 ランを2本やり、どちらか高い点数で順位を争うが、中村にとっては1本目のミスが全てだった。自転車を1回転させながらハンドルを3回転させる技などを披露して快調に飛ばしたが、半分過ぎの技の着地で足をついてしまった。「あそこでミスが出るとは思っていなかった」。2本目で二つ用意した新技の一つ目が中途半端に終わり、二つ目は出せずじまい。戦略は崩れた。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文853文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集