特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

レスリング文田健一郎「目的と手段を分けてやる」 代名詞の投げ封印

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級準決勝、ウクライナのレヌル・テミロフ(下)を攻める文田健一郎=幕張メッセで2021年8月1日、徳野仁子撮影
レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級準決勝、ウクライナのレヌル・テミロフ(下)を攻める文田健一郎=幕張メッセで2021年8月1日、徳野仁子撮影

 東京オリンピックのレスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級が1日、幕張メッセAホールであり、2019年世界選手権覇者の文田健一郎(ミキハウス)が決勝に進出し、銀メダル以上が確定した。男子グレコ勢でメダル獲得は3大会連続。文田は1984年ロサンゼルス五輪の宮原厚次以来、37年ぶりの金メダルを目指す。

 日本グレコ勢として3大会連続、男子では参加した五輪で17大会連続のメダルを決めても、文田の喜びは控えめだった。「まだ。金メダルを取らないと」。気を緩めることなく、視線はすぐに決勝へと向いていた。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文661文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集