連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

高校時代、監督から多くを学ぶ=サッカー元日本代表・内田篤人さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
内田篤人さん
内田篤人さん

内田篤人(うちだ・あつと)さん

 早生まれで体が小さかったです。幼稚園の時は身長が前から3番目ぐらい。その頃Jリーグが開幕しました。サッカーを始めたのはその影響が大きかったですね。活発で近所のお兄さんたちとボールを蹴っていました。静岡はサッカーが盛んで憧れの選手も身近にいました。カズさん(三浦知良選手)です。キラキラ輝いて見えました。カズさんの背番号11に憧れました。

 高校は全国的にもレベルの高い静岡県立清水東高へ進学しました。サッカーがだめだったら大学に進学できるようにと考えた両親から「(進学校の)東高ならいいよ」と言われたこともきっかけです。午前5時半の始発電車で1時間半かけて通う生活でした。サッカー部の監督との出会いは大きなものでした。サッカーの技術に加えて、上下関係や生活面など生きていく中で大切なことも教わりました。口数は少なくて派手に怒る人ではないけ…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1102文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集