連載

自民党・有力者たちの夏

秋の衆院選と自民党総裁選、人事を見据え、主導権を握ろうと動く党内の有力者たちの思惑を描きます

連載一覧

自民党・有力者たちの夏

キングメーカー狙う安倍晋三前首相 復帰待望論 「すねに傷」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都議選の応援で拳を突き上げる自民党の安倍晋三前首相。その一挙手一投足に党内が注目する=東京都荒川区の尾久八幡神社で2021年6月25日午前11時45分ごろ、遠藤修平撮影
東京都議選の応援で拳を突き上げる自民党の安倍晋三前首相。その一挙手一投足に党内が注目する=東京都荒川区の尾久八幡神社で2021年6月25日午前11時45分ごろ、遠藤修平撮影

 前首相の安倍晋三はこのところ全国を飛び回り、秋の衆院選に向けて出身派閥・細田派(96人)の支援にいそしんでいる。2020年9月、持病の潰瘍性大腸炎の悪化を理由に政権を降りたが、今年6月に「(医師に)免疫抑制剤はもう卒業していいと言われた」と話すなど、見違えるほど気力あふれる姿だ。そして、その言動が注目を浴びることは今も変わらない。

 「名前を挙げたのは当然だよ」。5月下旬、政調会長の下村博文からの電話に安倍はそう答えた。安倍は月刊誌「Hanada」のインタビューで、「ポスト菅」候補の一人に下村の名を出した。さらに…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1262文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集