三菱電機 新たに業務用空調の検査で不備 装置故障気付かず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で、大西岳彦撮影
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で、大西岳彦撮影

 三菱電機が2014年6月から今年7月までに製造、出荷した業務用空調などの検査に不備があったことが2日、明らかになった。同社によると、検査装置の故障に気付かなかったのが原因。該当する製品は4万338台。そのうち2430台は法令で検査が義務付けられており、改めて検査する。

 同社によると、検査不備があったのは「冷熱システム製作所」(和歌山市)。出荷前の最終工程で、高い電圧をかけても内部の機器が壊れないか検査する「耐電圧試験」などを行っているが…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集