特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「電車ぎゅうぎゅう詰め」 緊急事態宣言拡大、初の平日 自粛疲れも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏3県と大阪府への緊急事態宣言発令決定後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年7月30日午後7時2分、竹内幹撮影
首都圏3県と大阪府への緊急事態宣言発令決定後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年7月30日午後7時2分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染者急増を受け、新たに緊急事態宣言の対象となった埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪府、期間が延長された東京都と沖縄県は2日、初の平日を迎えた。流行「第5波」が鮮明になる一方で、自粛疲れや五輪開催による気の緩みが指摘される。通勤客らからは宣言拡大に「効果はないのでは」との声も漏れる。

 2日朝のJR東京駅。千葉市から通勤する会社員の境なるみさん(54)は「五輪をやっているのだから自分たちも外に出てもいいと思っている人が多いのではないか」。神奈川県庁に近いJR関内駅はマスク姿の通勤客で混雑し、会社員の塩沢哲さん(46)は「これまでと変わらず電車内はぎゅうぎゅう詰めだった」と述べ、宣言の効果に疑問を呈した。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文815文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集