山梨不明女児母を中傷 プロバイダーに投稿者の開示命じる 大阪地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月に消息を絶った小倉美咲さん(9)の母とも子さん(38)が、インターネット上のブログの記事で中傷されたとして、大阪市内のプロバイダー事業者に投稿者情報の開示を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は2日、氏名や住所などの開示を命じた。鈴木基之裁判官は「記事で原告の名誉権が侵害されたことは明らかだ」と述べた。

 とも子さん側の代理人によると、今回の判決が確定した場合は投稿者に損害賠償請求訴訟を起こす方針。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文598文字)

あわせて読みたい

注目の特集