特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

銅メダルの村上茉愛、涙のち笑顔 「演技は金。体操人生で一番」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
種目別の床運動で3位に入った村上茉愛の演技=有明体操競技場で2021年8月2日、宮間俊樹撮影
種目別の床運動で3位に入った村上茉愛の演技=有明体操競技場で2021年8月2日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック第11日の2日、体操の女子種目別床運動の決勝があり、村上茉愛(まい、24)=日体ク=が銅メダルを獲得した。日本女子体操でのメダル獲得は1964年東京五輪の団体総合銅メダル以来57年ぶりで、個人種目は初めて。

 うれし涙と悔し涙を何度も流してきた体操人生だ。「もう泣き尽くした。悔し涙は流したくない」。そう決めて臨んだ東京五輪最後の演技だった。

 冒頭で3回ターンを決めると、H難度の大技「シリバス」(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)を着地までしっかり止めた。曲に合わせたダンスを披露し、会場からは手拍子が起きた。最後の後方屈身2回宙返りの着地を決め、演技を終えた瞬間、村上は笑顔だった。そして拳を突き上げると、今度は泣きそうな表情になった。「演技は金メダル。体操人生で一番のできだった」

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1046文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集