特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

特集ワイド

五輪の夏・考/6 「失敗の本質」戦争中と酷似=葛西大博

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立教大特任教授の金子勝さん=藤井太郎撮影
立教大特任教授の金子勝さん=藤井太郎撮影

 「ますます五輪は『失敗の本質』のような状況になってしまった」。1年ぶりに立教大特任教授の金子勝さん(69)を訪ねると、私が語りかける前に険しい表情でそう切り出した。金子さんは2020年、ひたすら続く日本銀行の異次元緩和など、安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」について、名著「失敗の本質」を引き合いに「失敗の責任を避け続けた戦後日本のなれの果て」と看破したのだ。今まさに新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で強行開催中の東京オリンピック。金子さんならどう思うのか、知りたくて再訪した。

 21年は太平洋戦争開戦から80年。くしくもその年の五輪なのだが、金子さんは菅義偉政権を旧日本軍の失敗になぞらえた。「菅さんは専門家の『お墨付きを得た』と五輪開催に突き進んだ。一方で専門家は開催そのものの可否は判断しない。意思決定のプロセスをあいまいにして、誰も責任を取らずに方向転換できない姿は、戦時中の無責任体制そのものですよ」

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2989文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集