連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

渋沢栄一の銅像

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「父から聞かされた話ですが」。NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公・渋沢栄一のやしゃごで、岡山県の学校法人興譲館理事長の阪谷綾子さんが、ひ孫に当たる父親が語っていたというエピソードを教えてくれた。

 約500の会社設立と約600の教育・社会事業に関わり「日本経済の父」とされる渋沢だが、存命中に各地で銅像が作られ、偶像化していくことを「雨や風に当…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集