期限切れ原材料で商品 JA高知県、再び不祥事 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JA高知県は2日、れいほく柚子加工場(大豊町)で、賞味期限切れの原材料を使ったユズ加工品を製造、販売していたと発表した。「ゆずーる」など4商品で、2014年4月~20年11月に賞味期限を迎えた増粘剤やレンコンなど6点の原材料をその後も使っていた。食べても健康に影響はないという。

 残りの3商品は「しょうが柚」「郷のゆず すし酢」「おいしし」。問題となった原材料の使用量が微量だったため、当時の製造管理者(工場長)の指示で賞味…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

注目の特集