【都市対抗LIVE】日本通運vsパナソニック 10時~

特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

第11日 陸上 男子走り幅跳び 橋岡、6位入賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 男子3000メートル障害決勝で19歳の三浦龍司(順大)が8分16秒90の7位となり、この種目で日本勢初の入賞を果たした。バカリ(モロッコ)が8分8秒90で優勝。

 女子5000メートル決勝はハッサン(オランダ)が14分36秒79で勝ち、広中璃梨佳(日本郵政グループ)は14分52秒84の日本新記録を樹立して9位。福士加代子(ワコール)の記録を16年ぶりに0秒38縮めた。

 男子走り幅跳び決勝で橋岡優輝(富士通)は8メートル10の6位となり日本勢37年ぶりの入賞。テントグルがギリシャ勢初優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文529文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集