新型コロナ 大阪、軽中等症病床に不安 ワクチン効果、重症高齢者減 患者ピーク時、確保数超過試算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスは感染「第5波」に突入し、大阪府では2日、前回の緊急事態宣言解除から約40日で4回目の宣言が発令された。高齢者へのワクチン接種効果で重症者数は多くないが、若年層などの感染急増に不安が募る。適切な医療を受けられず多数の死者が出た第4波の記憶は新しく、医療関係者は気を引き締めている。

 中等症患者を受け入れている大阪暁明館病院(大阪市此花区)。今春の第4波では60代以上を中心に、コロナ専用の17床がほぼ埋まり、入院中に重症化した患者も臨時で治療した。しかし、7月の新規入院は17人で、うち60代以上は3人しかいない。10代ら若い年代が大半を占め、酸素吸入が必要な患者も2人だけだ。8月2日朝時点でコロナ専用の9床中8床が埋まっているが、重症化が危惧される患者はおらず、同病院の西岡崇…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1405文字)

あわせて読みたい

注目の特集