特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京オリンピック・野球

日本vs韓国(準決勝) テキスト速報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF

123456789
0000020002
00101003×5

10 11 12 13 14 15


投手 本塁打
高永表、車雨燦、曺成雲、高祐錫、金晉旭


山本、岩崎、伊藤、栗林


※速報のため公式記録と異なる場合があります。

日本、韓国を降して決勝へ 銀メダル以上が確定

【日本-韓国】八回裏に勝ち越し3点二塁打を放ちベンチで迎えられる山田哲人(中央)=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】八回裏に勝ち越し3点二塁打を放ちベンチで迎えられる山田哲人(中央)=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影

 東京オリンピックの野球は4日、横浜市の横浜スタジアムで行われ、日本は準決勝で2008年北京五輪金メダルの韓国を降して7日の決勝進出を決め、銀メダル以上が確定した。五輪での野球実施は北京五輪以来3大会ぶり。

<熱戦を写真特集で 歓喜の輪を作る侍ジャパン>

<侍ジャパン、辛酸なめた五輪で韓国にリベンジ>

<韓国戦でまた打った 山田哲人、無類の勝負強さ>

<悔い残った先発・山本由伸、圧巻の投球が六回に暗転>

韓国

九回表韓国の攻撃

投手交代。守護神の栗林がマウンドへ

7番・呉智煥 きわどいボールを選びフォアボール。ノーアウト一塁

8番・許敬民 ワイルドピッチでノーアウト二塁。サードゴロで1アウト二塁

代打・朴健祐

代打・朴健祐 変化球で空振り三振。2アウト二塁

1番・朴海旻 セカンドゴロで3アウト。日本が韓国を降して決勝に進出。銀メダル以上が確定した

日本

八回裏日本の攻撃

ピッチャー交代。右腕の高祐錫がマウンドへ

5番・浅村 外角いっぱいの変化球に見逃し三振。1アウト

6番・柳田 レフト前にはじき返すヒットで1アウト一塁

7番・近藤 ファーストゴロをセカンドに送球し、2アウト。一塁はオフザバックでセーフ。その後、近藤がフェアグランドに入っていたところを韓国の野手がタッチし、韓国側は審判団に問い合わせ。判定は覆らず2アウト一塁

8番・村上 ワイルドピッチで2アウト二塁。申告敬遠で2アウト一、二塁

9番・甲斐 フォアボールを選び2アウト満塁

1番・山田 初球を仕留め、レフトフェンス上部に直撃する走者一掃ツーベース。日本が3点を勝ち越し

【日本-韓国】八回裏日本2死満塁、山田哲人が左越え3点適時二塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】八回裏日本2死満塁、山田哲人が左越え3点適時二塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
ピッチャー交代。金晉旭がマウンドへ

2番・坂本 ショートフライで3アウト

韓国

八回表韓国の攻撃

3番・李政厚 レフトフライで1アウト

4番・梁義智 3球勝負で見逃し三振。2アウト

5番・金賢洙 三塁線を破るツーベースヒット。2アウト二塁

代打・崔周煥

代打・崔周煥 セカンドゴロで3アウト

日本

七回裏日本の攻撃

2番・坂本 外角への落ちる球に空振り三振。1アウト

3番・吉田 外角への落ちる球に空振り三振。2アウト

4番・鈴木 ファーストへのファウルフライ。3アウト

韓国

七回表韓国の攻撃

投手交代。今大会、好救援を続けている伊藤がマウンドへ

8番・許敬民 ショートゴロで1アウト

9番・黄載均 外角への変化球で空振り三振。2アウト

1番・朴海旻 粘ってフルカウントからフォアボールを選び2アウト一塁

2番・姜白虎 外角低めへのストレートに見逃し三振。伊藤、大きくガッツポーズ。3アウト

日本

六回裏日本の攻撃

投手交代。長身サウスポーの車雨燦がマウンドへ

6番・柳田 レフトフライで1アウト

7番・近藤 外に逃げる変化球をレフト前にはじき返し、1アウト一塁

8番・村上 外への変化球に空振り三振。2アウト一塁

投手交代。右腕の曺成雲がマウンドへ

<グラブ形の座席「可愛い」 五輪仕様リリーフカー話題>

9番・甲斐 近藤が盗塁成功、2アウト二塁。フォアボールを選び2アウト一、二塁に

1番・山田 近藤の帰塁を巡る判定で韓国がチャレンジ失敗。外角低めの変化球に空振り三振。3アウト

韓国

六回表韓国の攻撃

1番・朴海旻 内角の球に詰まったものの、レフト前に落ちる。近藤がファンブルする間に二塁へ。ノーアウト二塁

2番・姜白虎 低めに食らいつき、レフト前へのタイムリーヒット。韓国が1点返す。ノーアウト一塁

3番・李政厚 内角低めのフォークをライト前に運ぶヒット。ノーアウト一、三塁

4番・梁義智 追い込んだ後、山本が甲斐のサインに首を振り、甲斐はマウンドへ。直後の外へのスライダーで空振り三振。1アウト一、三塁

ピッチャー山本に代わり、阪神の左腕・岩崎がマウンドへ

5番・金賢洙 外角の変化球をセンター前に運び、韓国が同点に。1アウト一、二塁

6番・呉在一 3球で空振り三振。2アウト一、二塁

7番・呉智煥 空振り三振で3アウト。岩崎が連続三振で逆転のピンチをしのぐ

【日本-韓国】日本の二番手・岩崎優=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】日本の二番手・岩崎優=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
日本

五回裏日本の攻撃

1番・山田 センターの右を抜けていくツーベース。ノーアウト二塁

2番・坂本 ライトフライで1アウト。山田は三塁へ。1アウト三塁

3番・吉田 低めの球をセンターへ運ぶタイムリーヒット。日本が追加点。1アウト一塁

4番・鈴木 三振の間に吉田が盗塁成功。2アウト二塁

5番・浅村 粘ったものの空振り三振。3アウト

【日本-韓国】五回裏日本1死三塁、吉田正尚が中前適時打を放つ=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】五回裏日本1死三塁、吉田正尚が中前適時打を放つ=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
韓国

五回表韓国の攻撃

6番・呉在一 外へのフォークに空振り三振。1アウト

7番・呉智煥 内角へのフォークで空振り三振。2アウト

8番・許敬民 ストレートをライト前にはじき返し、2アウト一塁

9番・黄載均 2ストライクから建山投手コーチがマウンドへ。ワイルドピッチで2アウト二塁に。カーブに空振り三振、3アウト

日本

四回裏日本の攻撃

5番・浅村 低めの変化球に空振り三振。1アウト

6番・柳田 すくい上げたフライをライトの李政厚が好捕。2アウト

7番・近藤 ショート後方へのフライを呉智煥がこぼす。記録はエラー。2アウト一塁

8番・村上 外角をセンター前に運び、2アウト一、三塁

9番・甲斐 レフトフライで3アウト

韓国

四回表韓国の攻撃

3番・李政厚 内角いっぱいを突くストレートに見逃し三振。1アウト

4番・梁義智 外角へのカーブで空振り三振。2アウト

5番・金賢洙 一塁側カメラマン席前へのファールフライを甲斐が好捕。3アウト

【日本-韓国】四回表韓国無死、キム・ヒョンスの捕邪飛を甲斐拓也が好捕する=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】四回表韓国無死、キム・ヒョンスの捕邪飛を甲斐拓也が好捕する=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
日本

三回裏日本の攻撃

8番・村上 一、二塁間を破るライト前ヒット。ノーアウト一塁

9番・甲斐 低めの変化球に食らいついてライト前へ。ノーアウト一、二塁

1番・山田 ファーストへ送りバント成功。1アウト二、三塁

2番・坂本 センターへの犠牲フライで日本が先制。2アウト三塁

3番・吉田 変化球を見極め、フォアボールで2アウト一、三塁

4番・鈴木 外への変化球に空振り三振。3アウト

【日本-韓国】三回裏日本1死二、三塁、坂本勇人が中犠飛を放ちベンチに迎えられる=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】三回裏日本1死二、三塁、坂本勇人が中犠飛を放ちベンチに迎えられる=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
韓国

三回表韓国の攻撃

【日本-韓国】日本の先発・山本由伸=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】日本の先発・山本由伸=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影

9番・黄載均 二遊間へのゴロをセカンド・山田が正面でさばき1アウト

1番・朴海旻 フォークに空振り三振。2アウト

2番・姜白虎 ファーストゴロで3アウト

日本

二回裏日本の攻撃

5番・浅村 変化球に見逃し三振。1アウト

6番・柳田 内角への落ちる球に空振り三振。2アウト

7番・近藤 一塁への詰まったゴロ。3アウト

韓国

二回表韓国の攻撃

6番・呉在一 一、二塁間へのゴロにファーストの浅村が飛びつき好捕。1アウト

7番・呉智煥 デッドボールで1アウト一塁

8番・許敬民 カーブを引っかけたサードゴロがダブルプレーに。3アウト

日本

一回裏日本の攻撃

1番・山田 落ちる球に空振り三振。1アウト

2番・坂本 内角の球に詰まらされたものの押し込み、ライト前ヒット。1アウト一塁

3番・吉田 バットを折られ、セカンドゴロ。二塁に送球、2アウト一塁

4番・鈴木 サードへの速いゴロ。3アウト

【日本-韓国】試合前の円陣で笑顔を見せる田中将大(左)や柳田悠岐(中央右)ら日本の選手たち=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】試合前の円陣で笑顔を見せる田中将大(左)や柳田悠岐(中央右)ら日本の選手たち=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
韓国

一回表韓国の攻撃

1番・朴海旻 フルカウントからフォアボールを選び、ノーアウト一塁

2番・姜白虎 左中間へのレフトフライ。1アウト一塁

3番・李政厚 ライトフェンス直撃のツーベース。1アウト二、三塁

4番・梁義智 フォークに空振り三振。2アウト二、三塁

5番・金賢洙 外角を突いて空振り三振。3アウト。山本、連続三振でピンチをしのぐ

【日本-韓国】一回表のピンチを切り抜けベンチに戻る日本の先発・山本由伸=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
【日本-韓国】一回表のピンチを切り抜けベンチに戻る日本の先発・山本由伸=横浜スタジアムで2021年8月4日、大西岳彦撮影
日本 日本スターティングメンバー
打順 位置 選手名
1 山田
2 坂本
3 吉田
4 鈴木
5 浅村
6 柳田
7 近藤
8 村上
9 甲斐
- 山本
韓国 韓国スターティングメンバー
打順 位置 選手名
1 朴海旻
2 姜白虎
3 李政厚
4 梁義智
5 金賢洙
6 呉在一
7 呉智煥
8 許敬民
9 黄載均
- 高永表


侍ジャパン、決勝進出をかけて韓国戦

 劇的なサヨナラ勝ちでアメリカを降し、金メダルまであと2勝に迫った侍ジャパン。準決勝の相手は、08年の北京五輪を制した韓国だ。韓国は今大会、1次リーグB組2位から決勝トーナメントに進み、1回戦はドミニカ共和国に逆転サヨナラ勝ち。準々決勝はイスラエルにコールド勝ちし、準決勝に臨む。打線は元大リーガーの金賢洙が好調で、投手陣も元阪神でストッパーを務めた呉昇桓が健在だ。

 侍ジャパンはこれまで無傷の3連勝。3試合とも逆転勝ちで、うち2試合は劣勢で追い込まれた九回裏からひっくり返した勝負強さが光る。2番の坂本勇人が勢いに乗っており、当たりが出ていなかった主軸の鈴木誠也もアメリカ戦でホームランを放った。韓国戦は1次リーグで好投した山本由伸の先発が予想され、序盤に援護できるかが試合のカギとなりそうだ。試合は4日午後7時にプレーボール予定。

【主要国際大会での韓国戦の結果】

2006年WBC第1R  ●2-3

     第2R    ●1-2

    準決勝    ○6-0

08年北京五輪予選L  ●3-5

    準決勝   ●2-6

09年WBC第1R2回戦  ○14-2

    〃 1位決定戦 ●0-1

    第2R2回戦   ●1-4

    〃 1位決定戦 ○6-2

     決勝   ○5-3

15年プレミア12 1次R ○5-0

       準決勝 ●3-4

19年プレミア12 2次R ○10-8

       決勝  ○5-3


<これまでの侍ジャパンの戦い>

8月2日 準々決勝 アメリカ戦 ○7-6(延長十回タイブレーク)

【日本-米国】延長タイブレーク十回裏日本1死二、三塁、甲斐拓也(中央)がサヨナラ適時打を放ちナインに祝福される=横浜スタジアムで2021年8月2日、大西岳彦撮影
【日本-米国】延長タイブレーク十回裏日本1死二、三塁、甲斐拓也(中央)がサヨナラ適時打を放ちナインに祝福される=横浜スタジアムで2021年8月2日、大西岳彦撮影

 延長十回タイブレークの末にサヨナラ勝ちした。5対6で一点を追う九回1死一、三塁で柳田(ソフトバンク)の二ゴロの間に同点とし、無死一、二塁から始まった延長十回タイブレークで栗原(同)が送りバントを決め、甲斐(同)のライトオーバーのタイムリーヒットで試合を決めた。

<米国との死闘を写真特集で>

<米国打線を沈黙させた千賀滉大の復活劇>

<決勝打は甲斐 「全員が諦めず戦った結果」>

<先発の田中将大「今日の結果は悔しい」>

7月31日 1次リーグ メキシコ戦 ○7-4

【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影
【日本-メキシコ】四回表日本1死一、三塁、山田哲人が左越え3点本塁打を放つ=横浜スタジアムで2021年7月31日、大西岳彦撮影

 7対4で逆転勝ち。1点を追う二回に甲斐(ソフトバンク)の適時打で追い付き、三回に浅村(楽天)の投ゴロの間に勝ち越した。四回に山田(ヤクルト)の3ラン、七回に坂本(巨人)のソロでリードを広げ、4投手の継投で逃げ切った。

<山田が起死回生の3ラン 熱戦を写真特集で>

<若きリレー 伊藤大海「先の代表を背負っていかないと」>

7月28日 1次リーグ ドミニカ共和国戦 ○4-3

【日本-ドミニカ共和国】九回裏日本1死満塁、坂本勇人がサヨナラ打を放つ=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影
【日本-ドミニカ共和国】九回裏日本1死満塁、坂本勇人がサヨナラ打を放つ=福島県営あづま球場で2021年7月28日、大西岳彦撮影

 日本は打線が中盤まで1安打と、巨人のメルセデスを打ちあぐねたが、2点を追う九回に村上(ヤクルト)のタイムリーと甲斐(ソフトバンク)のスクイズで同点に。さらに坂本(巨人)がセンターにサヨナラタイムリーヒットを放った。

<熱戦を写真で 侍ジャパン、逆転でドミニカ降す>

<野球が自動車カテゴリでトレンド入り 彼の名は…>

<坂本勇人、サヨナラ打「みんなでもぎ取った勝利」>

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集