特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

病床利用率が急上昇 救急医療に影響懸念 緊急事態3回目の神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が2日、神奈川県内に発令された。7月中旬から加速度的に感染者が増加する県内では、医療機関の病床利用率が再び上昇している。病床が逼迫(ひっぱく)すると、救急搬送の受け入れ先を見つけるのが困難になり、新型コロナ以外にも影響が及ぶ。かつてない感染拡大に直面する県内で、医療崩壊の足音が聞こえている。【中村紬葵】

 「これまでに経験したことのない感染激増状態に入ったと言わざるを得ない。救えるはずの命が救えない医療崩壊が現実のものとなりかねない」。3回目の緊急事態宣言発令が決まった7月30日、黒岩祐治知事は対策本部会議で危機感を繰り返し口にした。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1117文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集