特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

埼玉のパラ聖火リレー、公道走行を中止 緊急事態発令受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県庁=内田幸一撮影
埼玉県庁=内田幸一撮影

 埼玉県内で19日に開催予定の東京パラリンピック聖火リレーについて、県は3日、6市町で予定されていた公道でのリレーを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が県内に再び発令されたためで、代替措置として朝霞中央公園陸上競技場(朝霞市)内で公道を走る予定だった聖火ランナーがトーチをつなぐ予定。

 パラリンピックの聖火は、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(飯能市)や、日本武尊ゆかりの武蔵二宮金鑽神社(神川町)など17市町村で火をおこす採火式を行い、さいたま新都心けやきひろば(さいたま市中央区)での集火式を経て、6市町を計141人の走者が走る予定だった。公道リレーは幸手市、蓮田市、白岡市、川島町、入間市、朝霞市で予定されていた。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文469文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集