特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

石川祐希、世界最強「目標の主将」に挑む フェイクトスで存在感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第2セット、ブロックを破られボールの行方を見る石川祐希=有明アリーナで2021年8月3日、宮間俊樹撮影
第2セット、ブロックを破られボールの行方を見る石川祐希=有明アリーナで2021年8月3日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックは第12日の3日、バレーボール男子の準々決勝が行われ、日本は連覇を狙う世界ランキング1位のブラジルに0―3で敗れた。

 直近の五輪4大会で金、銀、銀、金。世界最強のブラジルに対し、日本のエースで主将の石川祐希(ミラノ)は果敢に挑んだ。硬軟自在のスパイクや、打つふりをしてからトスを上げる「フェイクトス」などで存在感を発揮した。

 石川にとって、ネット越しに向き合うブラジルの司令塔で主将も務めるブルーノ・レゼンデは、特別な存在だ。35歳で4度目の五輪出場となるレジェンドにあこがれてきた。中央大1年時に初めてイタリア1部リーグで武者修行した際に所属したモデナの司令塔が、既にブラジル代表で活躍していたブルーノだった。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文701文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集