特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

レスリング土性沙羅、メダル獲得ならず ねぎらう恩師「頑張った」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
土性沙羅選手のTシャツを着て応援する三重県松阪市の竹上真人市長(左)と浦田安・市レスリング協会長=三重県松阪市で2021年8月3日午後9時3分、谷口豪撮影
土性沙羅選手のTシャツを着て応援する三重県松阪市の竹上真人市長(左)と浦田安・市レスリング協会長=三重県松阪市で2021年8月3日午後9時3分、谷口豪撮影

 東京オリンピックは3日のレスリング女子68キロ級3位決定戦で、前回リオデジャネイロ五輪の金メダリスト、三重県松阪市出身の土性沙羅選手(26)=東新住建=がアラ・チェルカソワ選手(ウクライナ)に敗れた。2大会連続メダルの夢は果たせず悔しい結末となったが、最後まで諦めない姿に地元から熱い声援が送られた。

 松阪市役所では竹上真人市長や浦田安(やすし)・市レスリング協会長らが応接室のテレビで応援。開始2分33秒、フォール負けというまさかの展開に室内は一瞬静まりかえった。浦田会長は「この5年間金メダリストとして追われる立場で大変苦労したはず。人間的にも成長したと思う。ご苦労様と声をかけたい」とたたえた。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文579文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集