連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

ごまかされてはいけない=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏3県と大阪府への緊急事態宣言発令決定後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年7月30日午後7時2分、竹内幹撮影
首都圏3県と大阪府への緊急事態宣言発令決定後、記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年7月30日午後7時2分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染急拡大について、政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長は「みんなが危機感を共有しない限り、この傾向はしばらく続く」と言っている。

 その通りだと思う。ところが肝心の菅義偉首相の言葉からは、その危機感が伝わらない。これでは国民と共有できるはずがない。

 宣言の拡大と延長を決めた7月30日。尾身氏は記者会見に先立って首相に直談判し、国民に寄り添う強いメッセージを打ち出すよう求めたという。

 首相は「真摯(しんし)に受け止めて対応したい」と応じたそうだが、会見では相変わらずワクチンの効果を強調し、「人流(人出)は減っている」と繰り返しただけだった。

 しかも「寄り添う」どころか、今度は…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文931文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集