特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

陸上 トンプソンヘラ、2大会連続短距離2冠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子200メートル決勝、1位でフィニッシュするジャマイカのエレーン・トンプソンヘラ(右端)=国立競技場で2021年8月3日、久保玲撮影
女子200メートル決勝、1位でフィニッシュするジャマイカのエレーン・トンプソンヘラ(右端)=国立競技場で2021年8月3日、久保玲撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 3日夜に行われた陸上女子200メートル決勝で、エレーン・トンプソンヘラ(ジャマイカ)が優勝し、女子では史上初となる100メートルとの2大会連続2冠を達成した。陸上女子の個人種目で金メダル4個も史上最多。29歳のトンプソンヘラは「とても幸せ。こんな日が来ると思っていなかった」と感慨深げに語った。

 決勝では直線で他選手をあっさりと突き放した。フローレンス・ジョイナー(米国)の世界記録(21秒34)に迫る、世界歴代2位の21秒53でフィニッシュ。5日間で6レースを走りきり、「正直、とても疲れた。足を少し休ませる必要がある」と話しつつ、充実感を漂わせた。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文413文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集