ミズアオイ、大槌に再び 津波被災、湧水エリア整備で /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
湧水エリアで初めて開花したミズアオイ=岩手県大槌町須賀町で2021年8月3日午後0時28分、中尾卓英撮影
湧水エリアで初めて開花したミズアオイ=岩手県大槌町須賀町で2021年8月3日午後0時28分、中尾卓英撮影

 大槌町須賀町の湿地帯にあるビオトープ「郷土財活用湧水(ゆうすい)エリア」で、県絶滅危惧種のミズアオイが青い花を初めて咲かせた。花の寿命は3日ほどだが80株あまりが次々に咲くため、赤紫色のミソハギなどと今月末まで楽しめる。湧水エリアは今春、東日本大震災の津波で流された跡に町が整備した。

 岩手県立大の島田直明准教授(植生学)ら…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集