特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 組み合わせ抽選 京都国際VS前橋育英 第5日に熱戦 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった京都国際の山口吟太主将(左)と前橋育英の皆川岳飛主将=2021年8月3日
対戦が決まった京都国際の山口吟太主将(左)と前橋育英の皆川岳飛主将=2021年8月3日

 第103回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が3日あり、京都国際は大会第5日の13日、第4試合(午後3時半開始予定)で前橋育英(群馬)との対戦が決まった。今春のセンバツで甲子園初出場・初勝利を果たした京都国際が、聖地で再び輝く。

 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い大会が中止になったため、抽選会は2年ぶり。出場する49校の代表は全てオンラインで参加し、京都国際の山口吟太主将(3年)も京都市東山区の学校内から抽選した。

 前橋育英は5大会連続6回目の出場で、2013年夏には全国制覇を成し遂げた強豪。山口主将も「本当に強いチームで、皆川主将を中心に打線が良いので、打ち合いでも負けないようにしていきたい」と語る。センバツ後は夏を目指して練習を重ねてきたといい「コロナ禍で野球をできることに感謝しながら、結果で恩返しをしたい」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文802文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集