特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 組み合わせ抽選 神戸国際大付、初戦は北海 3日目第3試合で /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対戦が決まった神戸国際大付の西川侑志主将(左)と北海の宮下朝陽主将=2021年8月3日
対戦が決まった神戸国際大付の西川侑志主将(左)と北海の宮下朝陽主将=2021年8月3日

 9日に西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第103回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、オンラインで開かれた。県代表の神戸国際大付は大会第3日第3試合(11日午後1時開始予定)の1回戦で、南北海道代表の北海との対戦が決まった。【村田愛】

 抽選会は、日本高野連の抽選本部と地方大会を勝ち上がった代表49校の主将らをオンラインでつないで実施された。各校の主将が抽選用の札が入った封筒の番号を紙に書いて掲げて選ぶ方法で、対戦相手が決まった。

 北海は今春のセンバツの開幕試合で対戦し、延長戦の末、3-2でサヨナラ勝ちした相手。春夏連続で対戦することが決まり、西川侑志主将は笑みを浮かべた。両校は2017年夏にも初戦の2回戦で対戦し、神戸国際大付が5―4で接戦を制している。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文596文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集