生活保護受給者、司法で支援 北九州市と県弁護士会などが協定 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北九州リーガルエイドプログラムの協定書に調印した北橋健治市長(左から2人目)と伊藤・県弁護士会長(同3人目)ら
北九州リーガルエイドプログラムの協定書に調印した北橋健治市長(左から2人目)と伊藤・県弁護士会長(同3人目)ら

 生活保護の受給者が抱える法的トラブルの解決を弁護士の無料相談で支援する「北九州リーガルエイドプログラム」が6月から北九州市の全区で始まり、市と県弁護士会などが連携強化へ協定を結んだ。

 受給者の相談希望に応じ、弁護士が区の福祉事務所に出向き、担当のケースワーカーも同席して課題を整理する。2018年度…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

あわせて読みたい

注目の特集