連載

水説

「理系白書」の報道などで第1回科学ジャーナリスト大賞を受賞した、元村有希子論説委員のコラムです。

連載一覧

水説

蓑田胸喜的なるもの=古賀攻

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 戦前の日本に、蓑田胸喜(みのだむねき)という超過激な国粋主義者がいた。

 今では名前を目にすることも少ないが、昭和初期の言論弾圧を代表する「滝川事件」(1933年)の黒幕と言えばイメージしやすい。京都帝大教授を文部省が不当に処分し、事実上追放したこの事件で、「赤化教授」と決めつけて政界を動かしたのが蓑田だ。

 明治中期に熊本県で生まれた。東京帝大を出て慶応大予科の教員時代に極右雑誌「原理日本」を創刊。38年には政治家をバックに「帝大粛正期成同盟」を作り、「反日」学者の糾弾活動をエスカレートさせている。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1034文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集